船井サービス株式会社

電気自動車の蓄電システムは豊かな暮らしの電源へ
ニチコン EVパワー・ステーション
  • 1 V2Hで「卒FIT」。電気は「売る」から「貯めて使う」時代へ
  • 2 太陽光発電と電気自動車の蓄電池システムで始める「エコな暮らし」
  • 3 もしものときの電源確保。BCP対策にも効果を発揮!
ニチコン EVパワー・ステーション
V2H導入による 3つの大きなメリット

EVやPHVのエネルギーを「おうち」で使う。
エコ時代にふさわしい蓄電池システムの新提案。

EV/PHVについて

EVとは、Electric Vehicleの略で、「電気自動車」のことを指します。ガソリン自動車はガソリンをエンジンで燃焼させ、車を駆動させるのに対して、電気自動車は電動モーターで車を駆動させます。近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に、電気自動車が注目を集めています。

一方、 PHVとは、Plug-in Hybrid Vehicleの略で、「プラグインハイブリッド自動車」のことを指します。外部電源から充電できるタイプのハイブリッド自動車で、走行時にCO2や排気ガスを出さない電気自動車のメリットとガソリンエンジンとモーターの併用で遠距離走行ができるハイブリッド自動車の長所を併せ持つ自動車です。

V2H(Vehicle to Home)とは?

EVやPHVの大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて「おうち」の電力として使用できる仕組みを言います。 EVやPHVに蓄えた電気を家庭用電力として、効率的におうちで利用するための地球に優しい蓄電池技術です。日頃からエコに配慮した生活を営むご家庭や、災害の停電時にも普段通りに電気が使えたご経験をお持ちのご家族など、近年、V2Hへの注目も非常に高まってきています。

V2Hで「卒FIT」太陽光発電で作った電気を
自家消費

FITが終了すると、買取価格も大幅に下がってしまいます…

固定買取順次終了
  • ※1
  • 再生可能エネルギーからの固定価格買取制度における、2009年度・2010年度単価。
  • ※2
  • 2019年11月時点。くわしくは各電力会社にお問い合わせください。
10年間の買取期間が終了すると
10年間の買取期間が終了すると…
ひとこと

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)」に伴い、2012年7月1日にスタートした再生可能エネルギーの「固定価格買取制度」における住宅用太陽光発電の余剰電力は、2009年11月1日から2012年7月1日まで実施されていた「余剰電力買取制度」開始時より、固定価格の買取期間は10年間と定められていました。すでに経済産業省・資源エネルギー庁でも 回答 どうする?ソーラー よくあるご質問のページへされている通り、例えば、2009年11月1日より余剰電力買取制度の適用を受けたご家庭では、2019年11月以降、10年間の固定価格の買取期間が満了しますが、この固定価格での買取期間満了のことを、一般的に「卒FIT」と呼んでいます。

  • いままでは FITの売電制度で大手電力会社へ売電
  • これからは! V2Hの自家消費で電気料金節約

V2Hを用いた「自家消費」にすると、EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド自動車)に蓄えられた電力をご家庭内に給電することができます。また、住宅用太陽光発電をお持ちのご家庭では、V2Hの導入により、太陽光で発電された電力をEVやPHVへ充電できるメリットも。さらには、非常用の電源確保として、また、電気料金の節約にもとても効果的!このように、V2Hは1台で何役もこなす優れモノなのです。

  • FITを卒業する住宅用太陽光発電の推移(年別)
  • FITを卒業する住宅用太陽光発電の推移(累計)

引用: 住宅用太陽光発電設備のFIT買取期間終了に向けた対応(2018年9月12日:資源エネルギー庁) 住宅用太陽光発電設備のFIT買取期間終了に向けた対応ページへ

電気料金を大幅節約!
安価な夜間電力で
「貯める・使う」

夜間に貯めて昼間に使う 夜間に貯めて昼間に使う

経済的なV2Hの有効活用:その①

一般的に低価格となる夜間の電力をEVやPHVに蓄電しておき、昼間はEVやPHVからご家庭内に電力を給電します。

昼間に貯めて夜間に使う 昼間に貯めて夜間に使う

経済的なV2Hの有効活用:その②

昼間は太陽光で発電した電力をEVやPHVに充電、夜間はEVやPHVからご家庭内に電力を給電します。住宅用太陽光発電で売電する電力の買取価格より電力会社を使用した場合の電力が高価であればあるほど、メリットも大きくなります。

電気料金の節約例

 
昼間使用する電力(12kWh)を
EVやPHVから放電(給電)した場合

1日節約

  • 東京電力
  • 約 109
  • 関西電力
  • 約 163
平日に毎日(年間約248日)
使用した場合

1年節約

  • 東京電力
  • 約 27,000
  • 関西電力
  • 約 40,300

V2Hで「BCP対策」もしもの災害時も
電気を使えるから安心

災害に備える 災害に備える
  • 1. 夜間や曇天、雨天など、太陽光発電が稼働していない場合、V2HでEVやPHVから家庭に給電
  • 2. 太陽光発電が稼働していればV2Hで
    • ①家庭に給電
    • ②電力が余っていればEVやPHVに充電 ※EVパワーステーション:プレミアムモデルのみ

地震大国とも呼ばれる島国、日本。昨今、大型台風による甚大な被害も真新しいニュースとして記憶に残りますが、停電や断水といったライフラインが突如途絶える大地震や台風、豪雨被害などの自然災害はいつ起こってもおかしくないうえ、決して避けられません。また、送電線の断線や水道管の破裂など、インフラの復旧には日数を要するため、いつでも苦難な日常を強いられる可能性がある日本での生活において、日頃の防災や対策が最も重要になってきます。

BCP(事業継続計画)対策

 
  • 地震
  • 台風
  • 火災
  • テロ
  • 集団
    感染

BCP対策とは?

緊急事態や予測不可能なトラブルに対して、重要業務の被害を最小限に食い止め、会社の資産保護や人的な安全性の向上を目的として業務を円滑にし、事業の運営を滞りなく継続させるための行動指針のこと。台風、火災、テロ、集団感染はもちろん、津波・大雨・大雪などの自然災害や、事故・停電など、特に「地震に伴うリスク」が多い日本では、BCP対策は企業にとって非常に重要な位置づけとなります。

例えば「日産リーフe+」なら
主な電化製品を
約4.5日分給電可能です。

  • ●「日産リーフe+」とV2Hがあれば蓄電池の代わりになります。
  • ●  停電時や太陽光で発電できない夜間には、蓄電された「日産リーフe+」の電力を利用します。
項目 電化製品 使用数 使用時間 1台あたりの
消費電力
合計消費電力
照明 屋内照明 5台 5.0h 40W 1kWh
業務 業務用パソコン 1台 6.0h 50W 0.3kWh
  オンライン端末 1台 8.0h 50W 0.4kWh
  携帯充電器 10台 2.0h 10W 0.2kWh
  レーザープリンター 1台 0.5h 500W 0.25kWh
  電話機 1台 10.0h 5W 0.05kWh
  FAX 1台 1h 400W 0.4kWh
家電 液晶テレビ 1台 8.0h 250W 2kWh
空調 エアコン(20畳) 1台 4.0h 1,800W 7.2kWh
  合計   一日あたり   11.8kWh
  • 日産リーフe+の場合、バッテリーは62kWhですが、10%の電力は残す設定のため、給電可能な電力量は最大90%(55kWh)です。
  • 上記はあくまでも目安であり、使用する電化製品や使用時間により消費電力は異なります。

55kWhで約4.5日分の電力給電が可能

EVパワー・ステーション
について

EVパワー・ステーションには、おトクで安心な 3つのメリットがあります。

  • 1. 高機能で低価格のV2Hを実現
  • 2. 夜間電力を活用し電気料金を節約
  • 3. 停電時にEVやPHVをバックアップ電源として活用

製品についてくわしくはメーカーの公式サイトニチコン 公式サイトへでご確認ください。

プレミアムモデルVCG-666CN7
メーカー:
ニチコン株式会社
 
スタンダードモデル
VCG-663CN3
VCG-663CN7
 
プレミアムモデル
VCG-666CN7
メーカー
希望小売価格
  CN3・・・398,000円(税抜き)
CN7・・・448,000円(税抜き)
  798,000円(税抜き)
充電能力   6kW 未満   6kW 未満
通常時供給能力   6kW 未満   6kW 未満
停電時供給能力   3kW 未満(100V 出力)   6kW 未満(100V・200V 出力)
停電時太陽光発電
設備からの供給
  ×   ※1
ケーブル長   CN3・・・3.7m
CN7・・・7.5m
  7.5m
耐塩使用   ×   ※2
メーカー保証   2年   5年
リモコン操作   ×  
メーカー:ニチコン株式会社
スタンダードモデル
VCG-663CN3
VCG-663CN7
プレミアムモデル
VCG-666CN7
メーカー希望小売価格
CN3・・・398,000円(税抜き)
CN7・・・448,000円(税抜き)
798,000(税抜き)
充電能力
6kW 未満 6kW 未満
通常時供給能力
6kW 未満 6kW 未満
停電時供給能力
3kW 未満
(100V・200V 出力)
6kW 未満
(100V・200V 出力)
停電時太陽光発電
設備からの供給
× ※1
ケーブル長
CN3・・・3.5m
CN7・・・7.5m
7.5m
耐塩使用
× ※2
メーカー保証
2年 5年
リモコン操作
×
  • ※1
  • 太陽光パワーコンディショナー 6kW未満までに限ります。
  • ※2
  • 別途料金にて「塩害仕様モデル」のご用意もございます。

システムメンテナンス
で培った当社の強み

当社のエンジニアリングネットワークで培ったノウハウを活用し、太陽光発電システムメンテナンスを実施。運用リスクの軽減と効率化を図り、環境貢献に努めています。

戸建て居住者様向け

1.売電終了後における太陽光発電の最適な活用提案 2.電気代を節約するシミュレーション 試算提示 3.国・自治体補助金の運用サポート
  • 売電終了後における太陽光発電の最適な活用提案
  • 電気代を節約するシミュレーション 試算提示
  • 国・自治体補助金の運用サポート

企業様・事業者様向け

1.オフィスで災害に備えるBCP対策 2.全国工事ネットワークご提供営業支援 3.国・自治体 補助金/優遇税制 運用サポート
  • オフィスで災害に備えるBCP対策
  • 全国工事ネットワークご提供営業支援
  • 国・自治体 補助金/優遇税制 運用サポート

お問い合わせから
お引渡しまでの流れ

  • お問い合わせ、お見積り依頼

    V2Hに関するお問い合わせやお見積りについては、以下よりお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ、お見積り依頼
  • 現地調査

    専門の担当者がご訪問し、設置場所、電気系統を調査させていただきながらご要望をお伺いいたします。

    現地調査
  • 御見積書ご提示

    現地調査後、3~5営業日以内に御見積書、ご提案書をご提示させていただきます。

    お見積書提出
  • ご契約

    御見積書およびご提案書にて商談をさせていただき、お支払方法などを確認いたします。

    ご契約
  • 申請

    電力会社や経済産業省へ申請手続きをおこないます。
    申請完了後、施工予定日を調整いたします。

    ※太陽光発電設置の場合。
    申請
  • 設置工事

    所要時間は約6~8時間です。
    分電盤接続の際に約20~30分の停電が伴います。

    設置工事
  • 工事完了、お引渡し

    工事完了後にEV/PHVと接続し、使用方法をご説明させていただきます。

    工事完了、お引渡し
  • お支払い

    お支払い方法はご契約の商談時に確認させていただきます。
    現金、クレジットカード、銀行振込、コンビニ後払い決済(~30万円まで)からお選びいただけます。

●ご契約からお引渡しまで、太陽光発電設置の場合、約2~5ヶ月間のお日にちをいただいております。

本体価格

基本工事価格
の目安

本体価格
基本工事価格の目安
設置費用例 プレミア(WIFI)モデル 太陽光発電あり 分電盤の距離20mの場合

本体価格

●価格は税抜き表示です。
●価格は税抜き表示です。

基本工事価格

●価格は税抜き表示です。
●価格は税抜き表示です。

「設置費用例」

プレミアム(Wi-Fi)モデル
太陽光発電あり
分電盤までの距離20mの場合

●価格は税抜き表示です。

ベネフィットを有効活用!
補助金や優遇税制でより安全・安心に暮らす

一般のお客様でお住まいが東京都の場合 補助金最大 30万円 自治体によりことなります

【ご注意ください】

補助金の申請は先着順となっています。また、補助率や上限金額は各地方の自治体により異なります。補助金総額が予算に達している自治体では申請を終了している場合があります。補助金は「都道府県からの補助」、あるいは「市区町村からの補助」として公募されていますが、全国一律で実施しているものではありません。まずは、お住まいの自治体までお問い合わせください。

一般のお客様の場合くわしくはお住まいの地方自治体へ
お問い合わせください。

企業・事業様の場合 様補助金最大V2H本体価格の50%

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)という制度を利用し、災害時に電気自動車や燃料電池自動車の外部給電機能の活用を促進することによるレジリエンスの向上を図ることを目的として、「外部給電器」の購入者(地方公共団体・法人・その他団体など)に補助金が交付されます。
レジリエンス:回復力、復元力

企業様・事業者様の場合
くわしくは以下をご覧ください。

お客様の声

2018年9月、北海道胆振いぶり東部地震の北海道全域大停電では、
V2Hで電源を確保していたおかげで、約30時間の停電中も安心して普段通りの生活ができました。

太陽光発電を設置した家

家を建てる際、エコな住宅がベストと考えて寒冷地エアコン1台で全室を暖房できる自然換気を選択し、同時に3.9kWの太陽光発電設備を設置しました。

そのため、光熱費は売電を含めてオール電化住宅でも年間13万円ほどでした。

EVパワー・ステーションから充電するPHV

そこで、更なる省エネ生活を目指し、V2Hを設置。

電気自動車は近所のクリニックで働く妻用として買い物する程度のため、概ね家庭用電源として活用。

すると、昼間の電気代も大幅に節約できて、V2H設置の効果は絶大と認識。

V2Hを利用されているご家族

また、2018年9月、北海道胆振東部地震があり、我が地域は約30時間の停電となりましたが、我が家はV2Hによって普段の生活ができたのです。

自ら電気を作り、V2Hを設置すると地球温暖化防止への社会貢献につながるわけで、我が子どもたちを含めて次世代のために省エネ生活を大切にしていこうと思います。

お客様の環境

お客様の
環境

居住地 札幌市
家族構成 4人
住宅設備 オール電化
・IHクッキングヒーター
・エコキュート
・暖房は寒冷地エアコン1台
太陽光発電 3.9kWシステム年間発電量4,600kW
(新築時設置)
電気自動車 日産リーフ
(年式2015年中古購入 蓄電池30kWh)
電力契約 北海道電力ドリーム8 契約

「ELS(エネルギー・ライフ・サポート)
のトータルソリューション

「誰もが使えるクリーンエネルギー」を実現するために、
私たちは、快適・安心な暮らしを実現させる
「Energy Lifeをサポート」してまいります。

お問い合わせ

お問い合わせはお電話、またはお問い合わせフォームからお願いします。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 06-7669-9700
  • 受付時間 9:00~17:30(月~金)

東証一部上場 船井電機グループ船井サービス株式会社 
事業開発部 お客様窓口まで

お問い合わせフォーム

お見積り依頼方法必須
ご希望の製品必須
製品本体
基本工事(太陽光発電)
基本工事(V2H本体から分電盤までの距離)
お名前必須
フリガナ必須
会社名
設置場所の住所
郵便番号
都道府県
住所
※都道府県から番地まで正確にご入力ください。設置場所の住所が決定していない場合は、最下部の「備考」欄に「設置場所の住所未定」とご記入ください。
電話番号必須
お客様のメールアドレス必須
ご契約の電気容量必須
※電力会社からの請求書等に記載されている契約電力をご確認ください。
既に設置している設備必須
連絡希望時間帯必須
曜日
時間帯
車両情報必須
※現在、EV/PHEV車を所有している、もしくはEV/PHEV車のご購入を検討されている場合、併せて車種と年式をご入力ください。
車種
年式
車種
年式
納車日必須
備考
その他、ご質問がございましたらご記入ください。

お問い合わせに際し、ご入力いただく個人情報の取り扱いにつきまして個人情報利用規約をご確認ください。ご確認・同意いただいた場合は、「個人情報の利用規約に同意する」にチェックを入れてください。

個人情報利用規約

船井サービス株式会社(以下、当社)は、お客様からお預かりする個人情報がお客様の重要な財産であり、個人情報を保護することが、当社の社会的責務であると認識し、個人情報の取り扱いを以下に記載の通り、適切におこないます。
  • 1. 当社は、お客様の個人情報を当社が製造、販売した製品に対するお問い合わせや修理およびその確認をとるために利用させていただきます。また、より良いサービスをご提供するためにご相談内容の記録を残すことがあります。
  • 2. 当社は、個人情報の正確性および安全性を確保するため、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報に対する不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩を防ぐための適切な処置をおこないます。
  • 3. 当社は、お客様により良いサービスをご提供するために、修理やその確認業務において、個人情報の取り扱いを外部に委託することがあります。委託先については、当社で厳密に選定をおこない秘密保持契約において個人情報の管理、秘密保持、再提供の禁止など、必要な事項を取り決め、適切な管理を実施させます。
  • 4. 当社は、お客様の同意を得ることなくグループ会社間および業務委託先以外の第三者に対し個人情報を開示することはありません。ただし、法令に基づいて、司法、行政またはこれに類する公的機関から開示を求められた場合は、この限りではありません。
さらにくわしい情報は船井サービス株式会社サイトの「個人情報保護方針」ページをご覧ください。
●ご入力の電子メールアドレスへ受け付け完了をお知らせするメールをお送りします。(自動配信)
受信エラーを防ぐために、事前にドメイン指定受信の設定画面で「@funai-service.co.jp」からの受信を許可しておいてください。